側溝などに車輪が落ちてしまった場合は、まず、
車をまっすぐに立て直すことを考えたいものです。

 

後続車や、同乗している人の力を借りられないような、たった一人の状況の時は、
落ちた車輪の下に大きな石や、板などをひいたり、または車をジャッキアップ
するなどして、とにかく車の状態をなるべく水平にできるように頑張りましょう。

 

頑丈な板を一枚車の中に入れておいてもいいかもしれませんね。

 

自分で立て直す時に、車が傷ついてしまったり、
部品が損傷してしまったりする可能性があることを考えると、
やはり素人では難しいかもしれませんね。

 

オーバーヒート

 

そのときはJAFなどのロードサービスを呼んでプロにお任せ
するのがよいでしょう。

ウォッシャー液が出ない

車のフロントガラスは、雨や雪に含まれている汚れや、
前を走っている車の排気ガスなどにさらされ、
自分が思っているよりもかなり汚れているのが現状です。

 

旅行中、突然の雨に降られてワイパーを動かした途端、
動かす前よりも汚れてしまって前が見えなくなり焦ってしまった経験は
だれにもあるのではないでしょうか。

 

そんなとき、ウォッシャー液を大量に放出させ、ワイパーを高速で作動させれば
いつしか綺麗になりますが、これもウォッシャー液が途中で切れてしまったら
どうしようもありません。

 

視界が全くクリアになることなく非常に危険です。

 

天候の急変に備え、出かける前にはウォッシャー液の量が十分かどうか
必ずチェックしましょう。

 

不安な場合はガソリンスタンドでもお願いし、見てもらうとよいです。

 

JAF
安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら