尻焼温泉の効能と行き方

群馬温泉

 

1.温泉地の特徴

 

群馬県中之条町大字入山
にある温泉です。
川の底から温泉がわき出る露天風呂で有名な温泉
です。
大昔、武士の落人が発見したことでも有名です。
普段では経験できない温泉なので一度は味わってみたいという人が多く人気の温泉です。
痔の治療のために、温泉を直接お尻につけ焼いたということが名前の由来で、
ここの露天風呂「川の湯」は、更衣室が無いことでも有名です。
となりに小さな小屋がありますが、その中には「かま湯」があり、こちらも更衣室ではないので
女性はあらかじめ水着などを着ていく必要があります
近くに旅館が3軒のみという貴重な温泉街です。

 

2.温泉の効能や泉質

 

筋肉痛、神経痛、関節痛など
カルシウム、ナトリウム硫酸塩塩化物泉

 

3.交通、アクセス(東京から)(ほか情報)

 

マイカー利用:関越自動車道渋川ICから国道17号を沼田方面へ。
         道の駅「六合」から1時間程度。
         尻焼温泉の温泉街の手前の駐車場が利用可能。約20台。
JR利用    :吾妻線長野原草津口駅からバスで45分で花敷温泉へ着。
          その後徒歩で10分。

 


じゃらん公式ページでカップルプラン検索→http://www.jalan.net/onsen/

 

川原湯温泉の効能と行き方